汗を止める最終手段、手術の詳細

汗を止める最終手段、手術の詳細

 

汗を止めるには自律神経の乱れを元に戻してやる、出てきた汗を目立たなくする。
この2つがあるよということをトップページなどで話しました。

 

でもこの2つ以外にも止める方法はあったんです。
それが手術です。多汗症対策の手術というのが世間には存在してるんですね。

 

これを使うという手もあるよということで簡単な紹介をしていきます。

 

汗腺をつぶす

この汗を止める手術というのはただ単に汗が多い人、多汗症の人、どんな人でも効果があります。
というのは汗が出てくる汗腺を直接破壊して汗が出てこれなくしてやるという方法だからです。
原因が何であれ元栓を閉めてやれば汗は止まるよね、という考えです。

 

こういう話をすると危険じゃないかということが浮かびますが、比較的安全ではあります。
でも一応手術なので絶対安全とはいきません。

 

方法もいろいろあるんですが脇の手術では脇を切開して直接汗の出口をひとつづつつぶす、という方法をとっています。
効果はまああるんですがメスで切るので跡がある程度残ってしまうのが難点。

 

あなたがどの場所の汗で悩んでるかで手術方法も変わってくるので事前にしっかりと調べておくことは大事なことです。

 

あと、もう一つ重要なのが病院選び。
一応手術になるので信頼度の高いところを選びたいところ。
ちなみに多汗症の手術というのは整形外科でやってますので、総合病院であればその科に行きましょう。

 

病院に行って手術を検討してるというと本格的なカウンセリングに入ります。
どこをしたいのか、どの程度抑えたいのか、時期はいつにするかなど。
この時無理やりに手術を進めてくる病院は避けたほうがいいでしょう。

 

信頼性が高く患者が多いところはそんなことをしなくても患者がどんどん入ってくることがわかってます。
経験が少なく、とりあえずお金をほしいというところだから勧誘するんです。

 

サイトがある場合は、無理な勧誘をしません!と書いてあることもあるのでしっかり確認するといいでしょう。

 

今少し触れましたが値段も結構高いので覚悟しておいて下さい。
一回で数十万円します。
決して軽い気持ちでは踏み切れない値段ですね。

 

ちゃんとしたところは医療ローンを組んでくれるのでそこらへんも事前に確認できるとベスト。
まあとにかく事前に評判などを調べてまずカウンセリングに行くといいでしょう。
そこでの対応などでもわかるとことはありますしね。