やけに汗が出る・・・これって多汗症!?

汗が出続ける人は病気なのかも?

 

「自分はよく汗かくんだよね」

 

「夏だからやっぱり汗がすごいなー」

 

なんて思ってるあなた!
あなたのその汗は普通の人よりかなり多いんじゃないですか?
汗が以上に出てくるっていうのはなかなか人と比べられないので自分が特別はわからない人も多いでしょう。

 

その汗の多さは実はホルモンバランスの乱れ、つまり多汗症なのかもしれません。
多汗症であれば治療をしないと悪化してくる可能性もあります。
このサイトは自分の症状をしっかり見極め、正しい対処をしていけるように作りました。
思い当たる節がある人はぜひ参考にしてください。

 

多汗症を知る

まず多汗症はどのようにして起きるか知っておく必要があります。
汗を人が書くというのは暑かった時の体温調節が主です。
水分を体の外に出して外の空気に触れさせ熱を奪うことを目的にしています。

 

そして当たり前ですが体が冷えてくると汗も止まりますよね。
でも、多汗症は体温がどうなろうと汗が引くことはありません。
これが多汗症です。

 

体が汗を発生させる条件や状態をコントールできなくなってしまうことをいうんです。

 

この汗の発生をコントロール神経というのは自律神経という名前で呼ばれています。
テレビなどでもよく聞くので耳にしたことがある人は多いです。

 

この神経は体の中の自分では意識して動かすことのできない部分を動かす神経になります。
内臓などのことです。
自動でやってくれるのはすごいありがたいんですが、その分おかしな動きをしたときになかなか自分の意志では修正できないというところが難点。

 

不眠症や内臓の病気などの原因もこれがおかしくなってるからです。
多汗症もまさにそれで、この自律神経の動きを正しくしてやるのが治療の方向になります。

 

この自律神経がなぜ乱れてるのかの原因は様々でなかなか特定ができないのも治療を難しくしてる要因でしょう。
ストレスや肥満、睡眠不足など本当に様々です。

 

多汗症の対策としてはこれらを根気よく探り原因を対処していくか、とりあえず制汗剤などで表面的な汗だけ抑えるかのどちらかになります。
両方兼ねるのがいいですがまあそれは個人の自由ということで。

 

あなたももっと詳しくなってしっかり対処できるようにしましょう!